鈴木さんちの貧しい教育

中堅高校に通う娘の大学受験をソッと見守る?ブログです

揺れる第一志望 龍之介ちゃん中学受験

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「2月1日に受けるのは、△△になりそうだね?」

 

(  ̄▽ ̄)←お母さん

「そうね。数学塾の先生にも△△の算数に向けての基礎をつんでいただいて、△△の方が対策しやすいみたいだしね。」

 

最近、鈴木家では龍之介ちゃんの第一志望校は△△ということですっかり落ち着いていました。塾のまとめのテストもサピ学校別も全て△△の予定で組んでいました。

 

突然一昨日、集団塾の副塾長先生が、

( ・`ω・´)←副塾長先生

「鈴木!まだ麻布を諦めるなよ!」

とたった一言おっしゃったことから…


f:id:natsunatsuw:20190718155828j:image

 

 

(ㆆ_ㆆ)ゆらゆら…←龍之介ちゃん

「やっぱり麻布を受けようかな…」

 

龍之介ちゃんの気持ちがまた揺らぎ始めました。

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「そうなりますよね。お母さんはすでに△△のつもりだったんだけどね…」

危ない危ない。もう少しで麻布の過去問を売り飛ばしてしまうところだったわ。←心の声

 

慌てて、数学塾の先生にメールをしました。

 

母『(ーー;)先生!副塾長先生にそそのかされ?て、いや、後押ししていただいて、まだ麻布を迷っているようです。』

 

先『( ̄ー+ ̄)わかりました!どちらに転んでも大丈夫なようにやっていきますね?そうなったら、夏はますます忙しくなりそうやね。がんばろか。』

 

母『(>ω<。)はい!よろしくお願いします!』

 

受けるのは本人ですから、本人が麻布を受けたいのなら、仕方がない…(; ̄ー ̄A

お母さんも数学塾の先生もそう考えました。

 

ところが…

(๑¯∇¯๑)←お父さん

「え?今さらまた麻布?△△を受けることにしたんじゃないの?」

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「いや、本人が…」

 

(๑¯∇¯๑)←お父さん

「△△だろ?龍之介は△△を受けるべきだよ。」

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「いや、副塾長先生が…」

 

(๑¯∇¯๑)←お父さん

「麻布はもうあきらめなさいよ!△△でしょうが…」

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「…。」

お父さん、うるさいな。←心の声