鈴木さんちの貧しい教育

中堅高校に通う娘の大学受験をソッと見守る?ブログです

塾に行くことができたのか? 龍之介ちゃん中学受験

自塾に行かなかった次の日、お母さんはバイト先にいました。

 

(; ̄ー ̄A

ちゃんと自塾に向かったのかしら?

 

その日も自塾ではなく数学塾に行くようだったら、自塾の担当の先生に相談しようと考えていました。

数学塾の先生には、龍之介ちゃんが来るようなことがあったら、連絡してほしい!とお願いしていました。

 

数『( ̄ー+ ̄) うん。うち来たら連絡するわ。でも、たぶん大丈夫!龍ちゃん、明日は自塾に行くって言ってたから!』

 

母『σ( ̄∇ ̄;) そうですか…ありがとうございます!』

 

それからしばらくして、

 

シャリ~ン🎵

 

龍之介ちゃんが自塾に入ったことを知らせる入館メールが届きました。

 

Σ(* ̄∇ ̄)!

あ!自塾に入ったんだわ!

 

このままもう退塾してしまうかもしれない。と心配しましたが、また自塾に行くことができたようです。


f:id:natsunatsuw:20191127090732j:image

 

 

先生も気にかけて下さいました。

 

(* ̄∇ ̄)ノ←自塾の先生

「鈴木!昨日はどうしたんだ?」

 

この先生は、夜遅くまで残って自習する子どもにお菓子を配って下さったり、お弁当を忘れた子どもにパンを買って下さったりします。

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「小学校の話し合いが長引きました。」

↑※ウソをついている。

 

(* ̄∇ ̄)ノ←自塾の先生

「あっそ。」

 

 

久々に、2組のみんなともワイワイできたようです。

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「寺岡も面談で□□に受かったら第一志望を受けてもいい!って言われたんだって!

宇田川は面談で、第一志望はやめてSを受けなさいって言われたんだって。」

 

!Σ( ̄□ ̄;)←お母さん

「宇田川くんはSを勧められたんだ!」

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「俺は寺岡と一緒に□□に進学するかもしれないね?

いや、もしかすると宇田川とSでめちゃくちゃ勉強させられているのかもしれないね?」

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「いや。龍之介ちゃんは理系科目に弱いからSではなくS学園を勧められたの。Sで宇田川くんが死ぬほど勉強させられているとき、あなたはS学園の校門でお辞儀をしているのかもしれないわ。」

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「あら。」

 

龍之介ちゃんはこの一年、ゴールデンウィークもお盆も休まず自塾か数学塾に行って勉強してきました。もう限界だったのかもしれません。

今週だけは、すこしゆっくりのスケジュールにして、英気を養ってから最後の2ヶ月に突入したいと思います。