鈴木さんちの貧しい教育

中堅高校に通う娘の大学受験をソッと見守る?ブログです

クラス上がる 龍之介ちゃん中学受験

校舎を変えて苦節10ヶ月。ついにクラスが上がりました。

 

実は龍之介ちゃんの通う小さな校舎には、上クラスもあるのです。

龍之介ちゃんはこの10ヶ月、2組のトップであり続けました。いや、どうあがいても1組には上がれなかったのです。

それが、今回ひょこっとギリギリで上がれてしまったようです。

 

でも喜んでばかりもいられません。

 

(; ̄ー ̄A

席は一番後ろだし、来月にはまた下クラスに戻るんだろうな…そのときにモチベーションがさがってしまう。

 

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「上クラスのみんなは、開成や桜蔭を目指しているんだよ。俺、1組の授業はわからないと思う。」

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「お母さんもそう思う。社会や国語はついていけるけど、理科と算数は無理だと思う。」

 

万年2組の龍之介ちゃんが、今さら1組に上かっても、仲良しの友達はいないし、授業にはついていけなくなるだろうし。一番後ろの席で、できなくて劣等感ばかりが膨らんでしまいます。

今さら上がるなんて遅過ぎます。夏休み前だったらまだよかったのかもしれません…


f:id:natsunatsuw:20190926211236j:image

 

 

お母さんが中学受験のとき、お母さんは1組の後ろにいました。

小6になったばかりのある日、

 

(* ̄∇ ̄)ノ←お母さんのお母さん

「先生!娘は神戸女学院を受けるわけでもないので、2組に落としてください。ゆったり受験したいから。」

 

お母さんのお母さんの提案で、お母さんは2組に下げられてしまいました。その後夏休みくらいまで、2組の1番か2番にいました。

当時いつも隣の席にいたのが、こはらくんです。

さらにお母さんは、

 

(* ̄∇ ̄)ノ←お母さんのお母さん

「もう志望校には余裕で受かるから、がんばらなくてもいいのよ?」

 

と言われていたため、勉強しなくなり成績はズルズルと下がってしまいました。最後はなんとか志望校に合格しましたが、危ないところでした。

 

それに対して、隣の席にいたこはらくんはその後もがんばり続け、2組のトップを死守して2組から東大寺学園に受かったのです。東大寺は灘の併願校で2組から受かるような学校ではありません。

 

Σ( ̄ロ ̄lll)←小6のお母さん

「こはら!東大寺に受かったって本当?」

 

(⌒‐⌒)ニヤニヤ←こはらくん

「それは言われへん。」

↑かなり噂になっていましたが、まだ受かったと言ってはいけない時期でした。こはらくんは喜びを抑えきれない様子でした。

 

(ーー;)←小6のお母さん

受かってしまったか…2組から東大寺に。

 

こはらくんは一度も1組に上がることなく、ずっと2組のトップにい続けて、東大寺に受かったのです。

 

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

龍之介ちゃんも2組のトップのままがよかったんじゃないの?

 

とお母さんは思わずにはいられませんでした。