鈴木さんちの貧しい教育

地方進学校に通う文系の息子の大学受験をソッと見守る?ブログです

バッテリー 龍之介ちゃん中学受験

夏期講習の国語の宿題は、できない人にはたくさん、できる人には少しの量が出されます。

龍之介ちゃんは、国語が得意なので出されている宿題は少しだけです。

すなわち国語はそんなにやらなくてもよいから、算数や理科をもっとやりなさい!ということなのでしょう。

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「国語の宿題は全部やっているんだよ。」

 

(ーー;)←お母さん

「ん?必要ないって言われているんでしょ?」

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「まあ、そうなんだけど。この前も副塾長先生に読解を褒められたんだよ。『鈴木の読解はすごいな!』って。もっと得意になりたいじゃん!」

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「まあ。そうね。」

理科をもっとやってほしいけど。←心の声

 

そして国語の授業の前日、龍之介ちゃんは次の日の授業をとても楽しみにしていたのです。

 

(ㆆ_ㆆ)ウキウキ🎵←龍之介ちゃん

「やったぁ。明日は○○先生や□□先生の国語の授業だ!楽しみだなぁ。早く明日にならないかなぁ。」

 

Σ( ̄ロ ̄lll)←お母さん

「ぎょ!もはや楽しみにしていることが何もないから、国語の授業をわくわくするところまで来てしまったか。なんて気の毒な…」

 

朝から、ウキウキしていそいそと集団塾に出かけていきました。


f:id:natsunatsuw:20190825065014j:image

 

 

そして、国語が好き過ぎる龍之介ちゃんはついにこう言いました。

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「あちこちの問題文で使われている、あさのあつこの『バッテリー』が読みたい!図書館で借りてきて。」

 

Σ( ̄ロ ̄lll)←お母さん

「これか…」

 

中学入試に多用される文章が書いてある小説を読むなんて、一部の熱心な人がすることだと思っていました。

まさか、うちの息子がそれをするなんて…

(; ̄ー ̄A

 

調べてみると、バッテリーは一冊ではありませんでした。シリーズで6冊もある小説でした。

 

(ーー;)

「小6の秋にこれを読まないといけないのだろうか?あの理科の力だと、科学読み物を読むべきではないのか?」

 

お母さんは予約しようか、やめておこうか、また悩むのでした。

 

(ーー;)←お母さん

「次に言われそうな、重松清の『小学五年生』も予約しよかな。」