鈴木さんちの貧しい教育

中堅高校に通う娘の大学受験をソッと見守る?ブログです

数学塾で緊急面談 龍之介ちゃん中学受験

(>ω<。)←お母さん

「先生!算数がどうにもならないので、麻布コースをやめてきたようです。」

 

(; ̄ー ̄A←数学塾の先生

「龍ちゃん、あきらめるのまだ早いわ。志望校を下げるのはいつでも下げられるのに。

塾のテストの直しをしているうちに、上がってくるかと思ってたけど、あかんな。やり方変えよか?基礎の基礎をやった方が早いかもしれん。次からは僕が教材を用意しますね?」

 

( ・`ω・´)←お母さん

「ん?基礎は今までもいっぱいやってきましたけど?」

 

(; ̄ー ̄A←数学塾の先生

「ちゃうで!その塾の基礎は全然、基礎ちゃうから!基礎の基礎はとばす塾なんよ。龍ちゃんはそこが抜けてる。

一番土台になるところの理屈が抜けてるから、やってもやっても積み上げられへんねん。」

 

(>ω<。)←お母さん

「それをやれば、難しいところまでわかるようになるんですか?」

 

( ̄ー+ ̄)←数学塾の先生

「つながってくると思う。つながってくれば、応用も解けるようになる。応用ってただ文章が長いだけやから!」

 

( ・`ω・´)←お母さん

「なるほど。じゃあ、先生に教材も全てお任せします。」


f:id:natsunatsuw:20190603173100j:image

 

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「あと、理科社会で偏差値を稼いでみようかと思うんですが、まだ早いですか?」

 

(  ̄▽ ̄)←数学塾の先生

「いや、ええんちゃう?苦手科目をカバーするために得意科目をやるんよ。4科の偏差値が麻布コースの資格に届くためには、理科と社会の暗記で偏差値を稼ぐのがてっとり早いかもしれん!」

 

( ・`ω・´)←お母さん

「全部暗記するにはまだ時間がかかるので、ヤマをかけてもらえませんか?公開理科の過去問を束で持ってくるので、6月はどの辺りが出そうか当ててもらえませんか?」

 

( ̄ー+ ̄)←数学塾の先生

「ええよ?束で持ってきて。ヤマかけてみるわ。」

 

龍之介ちゃんは小6の6月に、算数の基礎の基礎をやることになりました。

 

( ̄ー+ ̄)←数学塾の先生

「お母さん、心配せんといて下さい。本当に簡単な問題をさせるけど、無駄なようで全てがつながってきますから!今までもみんなそうやったから。わかるようになります!」

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

そういえば、桜子さんのときも簡単な問題集を4冊して成績が上がったことがあったなぁ…