鈴木さんちの貧しい教育

中堅高校に通う娘の大学受験をソッと見守る?ブログです

共通テスト ○割でした

共通テスト一週間前の夜中に、主人が言いました。

 

(; ・`ω・´)←主人

「北のかんたら工業大学を受けることになるかもしれないから、

かんたらのホテルを抑えておきなさい。」

 

!Σ( ̄□ ̄;)←母

「え…受ける予定の南の○○大学のホテルと飛行機を抑えているのよ?」

 

(; ・`ω・´)←主人

「この調子だと、もう、かんたらしか受ける大学がないと思うんだよ。

受験前日にホテルがないとか困るだろう?

共通テストが終わるまででいいから、予約をしておきなさい!」

 

(ーー;)←母

「…。」

 

その状態で、共通テスト本番を迎えました。

 

 

1日目のテストから、フラフラで帰ってきた娘が言いました。

 

(´д`|||)←娘

「リーディングが全くできなかったよ。4割くらいかな。」

 


f:id:akiakis:20240115234119j:image

 

 

 

 

(;´Д`)ハァハァ←主人

「どんな問題が出たんだ?

お父さんに見せてみなさい!」

 

□o(´д`|||)←娘

「はい…」

 

□o( ̄□||||!!←主人

「なんじゃ…これは!

こんなの、TOEIC並みじゃないか!」

 

母はすぐさまスマホを取り出し、Twitterで調べました。

(;´Д`)o目 ハァハァ

 

見ると、Twitterはリーディングが激難化しているという書き込みで溢れていました。

普段8割くらい取れる人が、軒並み6割になっているというのです。

 

(; ・`ω・´)←主人

「ということは、英語では差が開かないってことだな。」

 

o(*≧∇≦)ノo(*≧∇≦)ノ

「よっしゃー!!」

 

リーディング激難化は、我が家にとって、神の思し召しでした。

 

 

そして、2日目の試験から帰ってきた娘が言いました。

 

o(*≧∇≦)ノ←娘

「できた!できたよ!

数1Aがめちゃくちゃできたんだよ!」

 

o(*≧∇≦)ノo(*≧∇≦)ノ

「やった~!

8割くらいあるんじゃないの?」

 

(* ̄∇ ̄)ノ←主人

「少し休んだら、自己採点をしてみなさい。」

 

娘は少し休んでから、自信のある数1Aの自己採点を始めました。

 

(´д`|||)←娘

「あ…」

 

Σ((ーー;)((ーー;) ビク!

「…!」

 

(´д`|||)←娘

「式は全部合っているのに、

細かい条件まで読んでいなかったから、全部間違っているよ。」

 

(ーー;)(ーー;)

「…。」

 

めちゃくちゃできたはずの数1Aは、予備校が出している平均点くらいでした。

 

 

そして、やはり英語のリーディングは最悪でした。

 

(;´Д`)ハァハァ←母

「でも、大丈夫よ!

みんなできていないから!」

 

 

ところが、

不思議なことに、今回一番できていたのは国語でした。

 

(ーー;)(ーー;)(ーー;)

「え…理系なのに、なんで?」

 

一週間前、高校限定青パックて解いた国語は5割だったのに、

本番では7割も取れていました。

 

そして、総合で

6割を超えていたのです!!

 

o(*≧∇≦)ノo(*≧∇≦)ノo(*≧∇≦)ノ

「っしゃー!!」

 

前期は、考えていた地方国立よりも、

首都圏に近いところを受験できるのかもしれません。

 

 

↓動画はこちら


www.youtube.com

 

↓ここから大学受験ブログランキングに移ります。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
ほんブログ村

 

 

 

↓お母さんのオカスタグラムはこちら

https://instagram.com/su.zukiakiko?igshid=ZDc4ODBmNjlmNQ==