鈴木さんちの貧しい教育

中堅高校に通う娘の大学受験をソッと見守る?ブログです

C判定の大学に出願すると言い出した

娘がいない時間に、主人は娘が受ける大学の下宿を探していました。

 

(*^-^)ヘ_/←主人

「こっちの下宿はリビングが9畳で5万円か~

だったら、ご飯付きのこっちの方がいいかな?」

 

!Σ( ̄□ ̄;)←母

「は!

まだ受かってもいないのに、親が浮かれてしまっているパターンだわ。」

 

(; ・`ω・´)ヘ_/←主人

「お父さんが下宿を探していたとか、娘子さんに言ったらダメだぞ?

もう受かったと思って、勉強しなくなるから…」

 

(ーー;)←母

「あ…うん。」

 

(*^-^)ヘ_/←主人

「お父さんも、前期入試の日に一緒に行って、

下宿を探して仮契約してこようかな~」

 

(ーー;)←母

「…。」

 

A判定の大学を受けるからといって、主人は浮かれていました。

 

そんな中、娘から連絡が来たのです。

 

ピロん♪

 

!Σ目o( ̄□ ̄;)←母

『せっかく共通テストで6割とれたのに、

それよりボーダーが下の大学を受けるとか、もったいなくない?

C判定あたりを受けてみようかな?』

 

(; ・`ω・´)←母

「お父さん!

娘が出願する大学をC判定に変える!とか、言ってきたわよ?」

 

!Σ( ̄□ ̄;)ヘ_/←主人

「え…」

 


f:id:akiakis:20240123123133j:image

 

 

 

 

(; ・`ω・´)ヘ_/←主人

カタカタカタカタカタカタカタカタ…

「C判定か…

となると、ここか?ここかな?」

 

( ・ω・)←母

「…。」

 

(; ・`ω・´)ヘ_/←主人

「今から、赤本を買いに行こうか!」

 

!Σ( ̄□ ̄;)←母

「え…今から?」

 

夜8時を回っていました。

 

(; ・`ω・´)←主人

「過去問を解いてみないと、勝負できるレベルかどうかもわからないだろ?」

 

母と主人は、娘が試してみたいと思われる大学の赤本を買いに走りました。

大きな書店を訪れたのに、探している大学の赤本はありませんでした。

 

(´д`|||)←母

「ないわ…もう、売り切れたのかしら…」

 

(; ・`ω・´)←主人

「もう一軒行ってみようか?」

 

二軒目でやっと見つかりました。

 

o(*≧∇≦)ノo(*≧∇≦)ノ

「あった~」

 

家に帰って娘にその赤本を渡してみると…

 

( ・ω・)←母

「え…ここは興味ないけど。」

 

!Σ( ̄□ ̄;)!Σ( ̄□ ̄;)

「C判定の大学を受けたいって言うから、今、買ってきたのに…」

 

( ・ω・)←娘

「そこ、受けてほしいの?

やっぱ、A判定でいっかな~」

 

(ーー;)(ーー;)

「…。」

 

また1冊、使わない赤本を買ってしまったようです。

 

 

↓動画はこちら


www.youtube.com

 

 

↓ここから大学受験ブログランキングに移ります。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
ほんブログ村

 

 

 

↓お母さんのオカスタグラムはこちら

https://instagram.com/su.zukiakiko?igshid=ZDc4ODBmNjlmNQ==