鈴木さんちの貧しい教育

地方進学校に通う文系の息子の大学受験をソッと見守る?ブログです

早慶のブランド力

(* ̄∇ ̄)ノ←慶応大好きママ

「鈴木さん、聞いて!友人の息子さんがね、去年、大学受験をしたんだけどね?すごく賢い子で…

慶応と一橋の両方に受かったのよ。」

 

(; ・`ω・´)←母

「うわ!すごい子だね!」

 

(; ・`ω・´)←慶応大好きママ

「でも…」

 

(; ・`ω・´)←母

「でも?」

 

(; ・`ω・´)←慶応大好きママ

「一橋に進学したのよ。」

 

( ・ω・)←母

「え?そりゃあ、一橋に行くでしょ。」

 

(; ・`ω・´)←慶応大好きママ

「え?慶応に受かったのにだよ?

本当は慶応に行きたかったけれど、家が貧乏だから、泣く泣く一橋に行ったんじゃないの?一橋が国立だから…」

 

(; ̄ー ̄A←母

「え…。それはないんじゃないかな。」


f:id:akiakis:20210218191506j:image

 

慶応大好きママだけが、早慶ファンなのではありません。

幼稚園のママが中学受験のときにこんなことを言っていました。

(; ・`ω・´)←幼稚園のママ

「中学で開成や桜蔭を目指す人は、どうして目指しているのかしら?それより少し下に、早慶の附属があるというのに…

あの人たちは、なんのために開成に行くの?」

 

( ・ω・)←母

「いや、医学部や東大を目指しているんじゃないの?」

 

(; ・`ω・´)←幼稚園ママ

「医学部なら慶応にもあるわよ?」

 

(* ̄∇ ̄)ノ←母

「慶応の医学部は内部でも難関だから…普通は無理でしょ。」

 

(; ・`ω・´)←幼稚園ママ

「国立の医学部に行きたいのなら、まだ話はわかるわよ。

みんな、東京でサラリーマンになるんだよね?じゃあ、早慶以上の学歴はいらないじゃない。むしろ東大なんか行く必要ある?」

 

(-_-#)←母

「いや、どうなんだろう…」

 

これだけではありません。

 

昔、親族の医者が医学部に受かったときにも、おばさんに言われました。

Σ( ̄ロ ̄lll)←おばさん

「え?どうして、早稲田に行かないの?!

田舎の医学部なんかに行って何になりたいのよ?」

 

( ・ω・)←親族の医者

「いや…医者になろうかと…」

 

(; ・`ω・´)←おばさん

「そこは早稲田でしょ!!」

 

さらに、会社の人にも言われたそうです。

!Σ( ̄□ ̄;)←会社の人

「えー!なんで、早稲田に行かないんですか?

○○大学の医学部?はあ?普通、そこは早稲田でしょ?」

 

(; ̄ー ̄A←親族の医者の父

「わし、間違えているんやろか…。」

 

※当時の大阪では、慶応よりも早稲田の方がすごい知名度でした。

 

このように、早慶のブランド力は今も昔も、東京でも大阪でも凄まじいものです。

 

母は思いました。

早慶のブランド力、すごいな。

医学部も一橋も負けてしまうブランド力と知名度だよね。

は!知名度だったら、日大の方が一橋よりも上かもしれないわ。大阪では…

(-_-;)

↓毎回、このブログが台本となっています。

 

 

↓ここから大学受験ブログランキングに移ります。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
ほんブログ村