鈴木さんちの貧しい教育

中堅高校に通う娘の大学受験をソッと見守る?ブログです

先生が灘に出発する 龍之介ちゃん中学受験

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「副塾長先生が早引きしたよ。灘に行く準備をするんだって。」

 

o(*≧∇≦)ノ←お母さん

「いよいよなのね?高橋くんも明日から出発するのかな?」

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「どうだろう?田中さまは行くらしい。」

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「田中さまは、どうせ筑駒も受かるわよ。」

 

高橋くんは、同じ塾のかなり上位にいるお子さんです。でも、灘となると難しいようです。

(-_-#)←高橋くんのお母さま

「息子が灘を熱望しているの。本当に苦しいわ。」

 

(ーー;)←お母さん

他の学校だったら、大概受かりそうな成績なのに、灘は別格なのね…

 

 

昔、桜子さんのときにも、灘を熱望するお子さんがいました。

その子は、一番上のクラスにずっといましたが、

(>ω<。)←昔、灘を熱望していたママ

「もう、灘は受かりそうにないわ!受けに行くのをあきらめて、都内受験の準備をすることにしたの。」

 

(ーー;)←お母さん

こんなに賢いのに、受けに行くこともできないのか…

 

お母さんは結局、灘の問題を見ることもありませんでしたが、ひ孫かやしゃ孫の代で灘に入ることがあったら、お母さんのお墓に報告に来てほしいものです。


f:id:natsunatsuw:20200117112644j:image

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「あ!そうだ。

灘はツアーまであるのに、ラサールには先生が誰も応援に来てくれないらしい。」

 

Σ( ̄ロ ̄lll)←お母さん

「えー!!!なんで?」 

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「いや、先生が、

(* ̄∇ ̄)ノ←塾の先生

『行かなくても、おまえら受かるだろ?』

とか言ってた。」

 

(ーー;)←お母さん

「いや、無理でしょ。

むしろ、田中さまの応援はいらないんじゃないかしら?田中さまなんて、ほっといてもどこでも受かるわよ。」

 

副塾長先生と田中さまと高橋くんは、関西最大手H学園の黄色い集団に遭遇することができるのでしょうか…ちなみに、青い集団もいるそうです!

どちらもめちゃくちゃ賢いはずです…

(ーー;)